H18年11月改訂

閉じる




 無料!LAN方式での接続です。


インターネット接続用のモジュラージャックを全室に完備。
光ファイーバーの回線を無料でご利用頂けます。
LANケーブルもお部屋に常備してあります。



  • 接続はセルフサービスでお願いします。接続によって生じた機器の破損、データの消失など当店では一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承下さい。。
  • DHCP機能によりIPアドレスが自動的に割り当てられます、パソコンの設定はご自身の知識によりお願いします。
  • LANカードはご持参下さい。接続用のケーブルはお部屋に常備してあります。
  • 回線はBフレッツ(光ファイバー100メガ)です。




客室でのインターネット接続サービスを開始して約5年、当初は有料でしたが、ご利用下さるお客様のほとんどがPCの知識が豊富な方ばかりなので、それならば接続はセルフサービスで自己責任、いろいろと細かい説明をする手間もいらないので、料金は無料とさせて頂きました。上記理由からこのサービス自体、PCの初心者を対象にしておりません、当店のスタッフも私オーナー以外PCの知識はございませんので、もし接続等に関する質問をされてもお答え出来ない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

セキュリティーの確保はご自分でお願いします。
LAN方式ですので、複数の客室から接続してると自分のPCが覗かれたり最悪の場合は進入される危険があります。WIN9X系の場合は、「マイコンピューター」 → 「コントロールパネル」 → 「ネットワーク」 → 「ファイルとプリンタの共有」のチェックボックスを外してください。セキュリティの管理はご自身でお願いします。
マッキントッシュでは動作確認をしておりません。
ルーターの説明書によると対応はしていますが動作は未確認です。
Bフレッツのスピードについて (ラウンジの無料PCで計測)。
測定サイト http://speed.rabbtoday.com8
測定時刻 2005/08/15
14:53
     下り ISP → PC 22.47Mbps
      上り PC → ISP 44.64Mbps
 
VPNについて
     使用してるルーターはアライドテレシス製AR260Sです。
     http://www.allied-telesis.co.jp/products/list/router/ar260s/catalog.html
     ご希望の設定等ございましたらご連絡下さい、可能な限りご要望に沿えるようにいたします。
  

トラブルの実例

メールの送信ができない。
通常はマニュアル通り設定すれば、メールの送信は行えます。
しかしメールの送信に制限をかけてるプロバイダがあります。
お客様が契約されているプロバイダによっては、他プロバイダーのIDにて接続している時(ゼムでのインターネット接続がこれにあてはまります)や、専用線からの接続時はメールが送信できないように制限されている場合があります。詳細はそのプロバイダのホームページ、トラブルシューティングのページの「メールの受信はできますが、送信ができません。」等をご覧下さい。プロバイダの制限なのでゼムでは対応出来ません。インターネット接続サービスをご利用中のメールの送信に関しては違うプロバイダを利用するなど、対策はお客様自身でお願いします。




電話で接続する場合には。

ダイヤルアップで接続の場合は、
フロントで無料で貸出しの
「ラインチェンジャー」をご使用下さい。

Q. なぜラインチェンジャーが必要なの?
A. 通信モデムが外線音を確認できないとデータを送信できないようになってるためです。
ホテルの電話機の場合は最初に0を発信しなければなりません。ラインチェンジャーが自動的に0発信をし外線音を導き出します。すると通信モデムが それを感知しデータ送信を可能にします。


  • 通常ご家庭等で電話回線でネットに接続されている場合は、ラインチェンジャーを使用すれば、設定変更なしでネットに接続出来ます。
  • 電話代はかかります。
  • 貸出用のラインチェンジャーは3台ご用意してあります。
  • 貸出用のTELケーブル等も用意してあります。
  • 写真のような接続形態になります。



閉じる